インフォメーション

インフォメーション ホームシアターのAURAS大阪店

2020/03/10

ホームシアターコラム⑥~基礎知識編:<映像>プロジェクターの種類 ホーム用?ビジネス用?

前回の<映像>について
の続きになります。

そんなプロジェクターですが、
種類がいくつかあります。

・ホーム用プロジェクター
・ビジネス用(業務用)プロジェクター

家で映画やスポーツ、音楽番組を楽しむでのであれば
ホーム用を選定する必要があります。これ絶対です。
「会社で使ってる(ビジネス用)プロジェクター使えませんか?」
とよく聞かれます。

使えなくありませんが、オスススはしません。
それぞれの用途に特化した造り、仕様になっていますので
やはり、ホームシアター用途であれば、ホーム用を使用して欲しいですね。
ビジネス(業務用)プロジェクターは
基本、プレゼンや会議の場に使い易い仕様になっています。
・明るい場所でも見やすい=輝度が高い
・小型=持ち運び易い
・置場所、投影場所の制限が少ない=設置が楽
・パソコンとの連携の機能が多彩
などでしょうか。

●明るい場所でも見やすい
いいやん!って思われるかもしれませんが、
基本、明るい場所でも視聴できるほどの
輝度があるプロジェクターは細かな色再現が不得意です。
人物や街並み、自然の風景が自分の目で観るのとは大きくかけ離れてしまします。
それらに違和感があると映画やスポーツに集中できなくなり、
それなら、小さな画面でも綺麗なTVでいいじゃん、てなってしまします。
ホームシアターは綺麗で大画面でないとダメなんです。

●小型=持ち運びし易い
小型だと良さそうに思いますが、
一般的にはランプパワーが高い、本体が小型であるが故に
騒音や光漏れが大きくなります。
ビジネスの現場では問題になりませんが、
ホームシアター視聴時に騒音と光漏れは
小さい方がいいですよね。
また、下記に繋がりますが、持ち運びしなくていいですので。

●置場所、投影場所の制限が少ない=設置が楽
設置が楽なのは良いのですが、ホームシアターでは
プロジェクターをスクリーンに対して調整をして綺麗に投射する事が重要ですので、
据置や天吊りなどで半永久的に動かさないのが推奨されます。
なので設置が楽な必要がないんです。
設置が楽という事は様々な、
いらん機能(笑)がついていますので
そこにお金がかかっています。

●パソコンとの連携の機能が多彩
もちろん便利な面もありますが、
ホーム用途、画質優先で考えますとやはり
いらん機能(笑)だと思います。

ホーム用のプロジェクターは
画質優先で造られています。

明るい部屋では見れません、
そこそこ大きいです、
設置の制限もあります、
機能もシンプルです、
が、
それもこれも映画やスポーツ、音楽ライブなどを
出来るだけ綺麗に、楽しく観る為の仕様になっているからです。
会社や社宅、事務所への設置で、
「ホームシアターメインでビジスネ用としてたまに使いたい」
「プレゼンメインでたまにホームシアターも楽しみたい」
という方もおられます。
特殊なケースではありますが、
その場合はその頻度や環境からプロジェクターの選定をしています。

ホームシアターメインで考える場合は、
ホーム用途から選定しましょうね。

ホームシアターならAURAS | オーラス株式会社 | 関東は東京、埼玉、神奈川・関西は大阪、兵庫、京都、
奈良、和歌山を中心に、ホームシアターの設計から施工まで行っております。無料相談受付中!auras-inc.co.jp